バイアグラを飲んでも失敗してしまいました
ED治療で、医師に心因性EDだと言われ、当面の治療としてバイアグラが処方されました。妻との性行為の時に服用して臨んだのですが、なんだか上手く勃起ができませんでした。というよりは勃起が続かないといった方が良いでしょう。行為中にムラムラっときて勃起をしたかと思うと、ちょっとすると萎えてしまっているのです。そんな感じで1,2時間がんばってはみましたが、結果は上手くいきませんでした。そこで半月後の検診でこの事を担当医に話したら、『余程精神的にプレッシャーが掛かっている状態のようですね』といって、リラックス効果を得るために精神安定剤・マイナートランキライザーも処方してくれたのです。このマイナートランキライザーは効果が穏やか、かつ副作用も小さいとの事で、薬に弱い自分でも大丈夫だろうと思いました。今度はバイアグラを飲んだ後にトランキライザーも服用して、効果が出るまで気分を落ち着かせようとワインも飲んで見ました。するとどうでしょうか、いつもより心が軽い感じになって、根拠はないのですが自信めいた強気も湧いてきたのです。結果は成功でした。バイアグラの効果がしっかりと実感できて、あまりの嬉しさに2回目、3回目と進む事ができました。終わってみれば、何故今までEDだったのか?と不思議に思えるくらい勃起力に自信が持てたのです。

精力サプリの健康管理が効いたようです
その後も半年間ぐらいは通院をして、バイアグラを利用しました。始めのうちは失敗する事もありましたが、妻が励ましてくれたこともあって、その苦境を乗り切る事ができました。そして精神安定剤は1,2ヶ月で終わらせて、その代わりに精力サプリを利用するようにと医師からアドバイスをもらいました。言われるままに精力サプリを毎日服用していると、数か月後には慢性的な疲労も軽く感じる様になって、寝付き・寝起きが良くなった事や、上手くいかない事を思い込む頻度も軽減していって驚いています。今はバイアグラも使っていませんが、精力サプリは継続しています。

すでに特許切れ

ED治療薬として有名なばいあぐらですが、その特許がすでに切れていることをご存知の方は少ないようです。
新薬を独占的に販売できる期間は10年ほどと思ったより短く、延長期間を含めたとしても15年ほどです。
そのため、新薬の独占的販売期間が終了すれば、合法的にジェネリックを販売することができます。
すでに、物質特許は2013年5月17日に終了し、用途特許も2014年5月13日に終了しています。
そのため、厚生労働省に届け出をして、承認が降りればいつでも製造販売することができるのです。

安心な日本製ジェネリック

もちろん、日本の厚生労働省の承認をもらうためには、生物学的同等性や医薬品の安全性を証明しなければなりません。
そのためには、長期保存試験、加速試験など、いくつかの試験をパスしなければならないため、すぐに、ばいあぐらのジェネリックが登場するようになるとは考えられませんが、これほど有名な医薬品を各後発の製薬会社が放っておくわけがありません。
実際、多くの製薬会社が承認を得ようと動き始め、そのなかのいくつかはすでに販売が開始されています。
いくつもの試験を経て登場したこれらのジェネリックは、海外製のものより安心して使用できることは確かでしょう。

ネックとなる価格

ただ、継続使用するとなるとネックとなるのが価格です。
これまでファイザー社は、1錠1500円前後で販売してきました。
それが、ジェネリックが登場することで少しでも安くなるのでしょうか。
ばいあぐらは1度だけ効けば良いというものではありません。
毎回使用するとなると、コストパフォーマンスも重要です。

まだまだ高いばいあぐら

後発薬の中でもっとも早い販売を実現したものは1錠1200円ほどですから、それほど格段に安くなったというわけではありません。
これから販売予定のものも、1錠1000円程度で販売予定ですから、安くなったとは言ってもそれなりの価格はします。
コストから考えれば、海外のものに大きく水を空けられています。
そう考えれば、これからも海外製を使用したいという需要は一定数あり続けるのではないでしょうか。

安心のバイアグラのジェネリック

バイアグラは世界初のED治療薬として有名ですが、世界で一番最初に開発されただけあり、開発特許が切れたため、世界各地の製薬会社で同じ有効成分を持ちながらも値段が抑えられたジェネリック医薬品の開発が盛んになっています。
その1つとして、ペネグラというインドのジェネリック医薬品があります。
インドで世界的に信頼がある製薬会社であるザイダスグループの傘下にあるZydusAlidacという大手製薬会社の製造によるものです。
日本にもザイダスファーマ株式会社という支社を置き、厚生労働省の承認を得て様々な医薬品を販売しているので、安心できるメーカーと言えるでしょう。

有効成分や効果

ペネグラの有効成分は、もちろんバイアグラと同じシルデナフィルです。
効果のほどは先発薬とほぼ同等に作られており、使い方や副作用などもほぼ同じです。
これまでに助けられ、満足のいく効果が得られていた方にとってみれば、同じ効き目を安価な値段で手に入れることができるので、バイアグラより使いやすく、夜の生活にもいっそう積極的になれるのではないでしょうか。

信頼度と購入方法

ペネグラはバイアグラのジェネリックの中でも、信頼度が高い医薬品の1つです。
というのも製造元のザイダスグループのジェネリック医薬品は世界60カ国以上において各国政府や日本の厚生労働省のような公的機関の承認を得て販売されているからです。
ただし、偽物が出回るリスクもあることから、インターネットで購入する場合は信頼のおけるサイトで購入するよう注意しなければなりません。

服用の方法

ペネグラの服用方法もバイアグラと同様に、最も望ましいのは空腹時です。
空腹時に服用して吸収させてしまえば、30分ほどの間をおけば食事を摂っても効き目に大きな影響はでません。
どうしても食後になってしまう場合は、油分の多い食事を避けて腹7分目くらいのあっさり目の食事歳、食後2時間以上は置いてから服用するようにしましょう。
安いとはいえ、せっかくの薬ですから、しっかり効き目を堪能したいものです。

大きな効果が期待出来るED改善薬

男性的なコンプレックスを克服するべく、亜鉛配合のサプリメントを摂取する人々が増えました。
精子を製造するのに、その栄養素は欠かせません。
ただ一定の効果が認められる一方で男性機能そのものには、直接作用しないデメリットをよく覚えておくべきです。
つまりサプリメントに勃起力自体を高める作用はありませんので、セックスに関連するコンプレックスを克服したい場合は、色々な健康補助食品を食べるより、ED改善薬を入手しましょう。
またED改善薬と言えば、高齢者や深刻な勃起不全を抱える人々しか入手出来ない印象が強いですが、近年ではネットを通じて、一般男性でも調達可能となりました。

初心者が使うなら、バイアグラ系統

豊富な種類と系統が揃うED改善薬ですが、初めて利用する際は、マイナーな商品ではなく主流の製品にしましょう。
代表的なバイアグラ系統のお薬でしたら、既に大勢の日本人が服用しています。
医薬品に関する情報や口コミも十分揃っていますので、あれこれ色々な種類を検討するよりも、最初はバイアグラ系統に決めた方が何かと安心です。
バイアグラ系統に決める利点は他にもありまして、潤沢なジェネリック医薬品が用意されているのも嬉しいポイントです。

新薬とジェネリック医薬品、実質的には同じ物

毎回のセックス時、確実に勃起を支援してもらいたい方は、維持費が高い新薬を避け、お得なジェネリック医薬品にしましょう。
製造過程で用いられる僅かな成分等に一定の違いが見られますが、ED治療薬としての効果は同等であり、先発薬バイアグラとそのジェネリック医薬品は実質的に同じお薬なのです。

お薬の効用を引き出せる服用タイミング

飲み方も新薬と大差無く、ベッドインする直前に服用すれば問題ありません。
時々サプリメント的に朝や昼頃に摂取される方がいますが、ED改善薬はセックスを行う一時間前頃に飲むのがベストです。
特にバイアグラ系統のジェネリック医薬品は即効性が強いものですから、お薬のポテンシャルを活かすためにも、タイミングをきちんと計りましょう。
特にお腹が非常に空いている時に摂取致しますと、効用がより短時間で現れるため、速やかにセックスしたい夜に好都合です。

シルデナフィル通販 海外製バイアグラ購入ナビ

新薬とその特許期間

ひとつの薬を新しく作るには莫大な開発費用がかかりますが、その莫大な費用をかけて開発した新薬も、発売から10年の月日を経るとその特許は失われます。
こうなると、後発医薬品、いわゆるジェネリックと呼ばれる安価な薬を同じ成分で作れるようになりますので、最近は政府を筆頭に、医療機関やドラッグストアでもより安い薬の利用を積極的に推奨しています。

ジェネリック医薬品の効果と薬代

新薬のように人体による臨床実験を行わなくて済むジェネリック医薬品は、医師によっては使用をためらう人もいます。
その理由に、臨床結果がないことと、効果の表れ方も人それぞれで異なるからです。
けれど、効果の表れ方で言えば新薬にも同じことが言えますし、新薬と同じ成分で作られていることを考えれば、長く飲み続ける薬は安価であるに越したことはありませんので、今まで新薬しかなかったところにジェネリック医薬品が登場したら、その薬代が大いに減って、驚くのではないでしょうか。

勃起不全の救世主にも

男性の勃起不全を改善する薬として、世界中から熱い視線を浴びて登場したばいあぐらですが、年月の経過により、ここにも後発医薬品が多数登場しています。
さまざまな後発医薬品を研究、開発、発売している会社が増えてきていますので、それぞれの会社が同じ成分を使って、後発医薬品を市場に送り出しているのです。
利用の目的から言って継続して飲むタイプの薬であることを思うと、安価な薬は助かると感じる人が多いのではないでしょうか。

薬が増えたことによる新たな利点

勃起不全改善薬の代名詞とも言えるばいあぐらに、続々とジェネリック医薬品が登場していることにより、薬の名称も変わってきています。
その点は、こんな薬を飲んでいますと申告する際にジェネリック名称を記載することで、ばいあぐらを飲んでいると気づかれにくいというメリットも生まれてきました。
ED治療を受けているということを知られたくない人の方が圧倒的に多いことを思うと、たくさんの名称のばいあぐらが増えたことを喜んでいる人は、かなりいるのではないでしょうか。