新薬とその特許期間

ひとつの薬を新しく作るには莫大な開発費用がかかりますが、その莫大な費用をかけて開発した新薬も、発売から10年の月日を経るとその特許は失われます。
こうなると、後発医薬品、いわゆるジェネリックと呼ばれる安価な薬を同じ成分で作れるようになりますので、最近は政府を筆頭に、医療機関やドラッグストアでもより安い薬の利用を積極的に推奨しています。

ジェネリック医薬品の効果と薬代

新薬のように人体による臨床実験を行わなくて済むジェネリック医薬品は、医師によっては使用をためらう人もいます。
その理由に、臨床結果がないことと、効果の表れ方も人それぞれで異なるからです。
けれど、効果の表れ方で言えば新薬にも同じことが言えますし、新薬と同じ成分で作られていることを考えれば、長く飲み続ける薬は安価であるに越したことはありませんので、今まで新薬しかなかったところにジェネリック医薬品が登場したら、その薬代が大いに減って、驚くのではないでしょうか。

勃起不全の救世主にも

男性の勃起不全を改善する薬として、世界中から熱い視線を浴びて登場したばいあぐらですが、年月の経過により、ここにも後発医薬品が多数登場しています。
さまざまな後発医薬品を研究、開発、発売している会社が増えてきていますので、それぞれの会社が同じ成分を使って、後発医薬品を市場に送り出しているのです。
利用の目的から言って継続して飲むタイプの薬であることを思うと、安価な薬は助かると感じる人が多いのではないでしょうか。

薬が増えたことによる新たな利点

勃起不全改善薬の代名詞とも言えるばいあぐらに、続々とジェネリック医薬品が登場していることにより、薬の名称も変わってきています。
その点は、こんな薬を飲んでいますと申告する際にジェネリック名称を記載することで、ばいあぐらを飲んでいると気づかれにくいというメリットも生まれてきました。
ED治療を受けているということを知られたくない人の方が圧倒的に多いことを思うと、たくさんの名称のばいあぐらが増えたことを喜んでいる人は、かなりいるのではないでしょうか。