タダラフィルの使用方法については他のED治療薬と変わらないということになりますが、他のED治療薬と比べると、融通が利きやすいということがメリットになっています。

服用してから効果が出るまでに掛かる時間は2時間~4時間程度になっていて、性的刺激や性的興奮が無い状態だと勃起することが難しいということになりますので、食事中に急に勃起するというような状況になることがありませんので安心して使用することが出来るということになります。

服用する際には水や白湯などで服用するのが重要になっていて、お茶やコーヒーなどのカフェインが含まれている飲み物や、アルコールと一緒に服用すると効果が出ないというような報告もありますので、摂取する方法については十分に注意するようにして下さい。

そして、使用する際のポイントとしては、原則として空腹時に服用したほうが効果も高く効力を発揮するまでの時間も短縮されるということになります。

タダラフィルを服用する際のメリットとしては、効果が発揮されるまでの時間が長くなっているために、服用してから食事をする時間の余裕があるということになります。

他のED治療薬の場合は、即効性も効果も高くなっているために、空腹時に服用してしまうと早ければ30分程度で効果を発揮してしまうために、セックスをする前に空腹になってしまっているということが挙げられますが、タダラフィルの場合は効果が発揮されるまでに2時間以上の空き時間があり、さらにそれほど強い効果ではないために安心して食事をしてからセックスに臨むことが出来るということになります。

タダラフィルを服用してから食事をする場合は、満腹になってしまうと効果が出ないということもありますので、おおよそ800キロカロリー程度の食事に留めておくのがポイントになっています。

800キロカロリーというと、軽食程度になっていますが、食事メニューによっては十分に1食分となるために問題ないと思われます。