バイアグラは現在25mg、50mgの10錠シートが各医療機関で取り扱われています。世界初、また世界で最も有名なED治療薬です。それだけ世界中で親しまれている薬であるだけに、利用する時の安心感も大きいといえるでしょう。

バイアグラの使い方についてですが、性行為の30分前~1時間前に服用します。効き始めるのがそれくらいの時間ということですが、空腹時は薬の効き目が早いので、30分後には効果が出ると考えておくのがいいでしょう。効果の持続時間は約5時間です。そのため、服用するタイミングが早すぎると性行為時に効果が切れてしまうこともあります。

バイアグラは他のED治療薬(レビトラ・シアリス)と比べると、レビトラに近い効果の出方をします。つまり、服用してからすぐに大きな勃起促進効果が出るということです。そのため、バイアグラを飲み忘れたり、急に飲む必要ができたりした時でも、問題なく対応することができます。

バイアグラで特徴的なのは食事の影響を受けやすいことです。レビトラ・シアリスは比較的食事の影響を受けづらいのですが、バイアグラを服用する場合は気をつけた方がいいでしょう。たとえば、たくさん食べたり飲んだりした後にバイアグラを飲むとED促進効果が思ったより出ない可能性があります。

理想は食後から服用までに時間をもたせることですが、場合によってはどうしても食後すぐに飲まなければならないこともあります。その場合は食事の内容をヘルシーなものにしましょう。たとえば、濃い味のものや揚げ物を控えたり、腹八分目に抑えたりする方法があげられます。

副作用についてもレビトラと似た特徴を持ちます。体が赤くなったり、目が充血したり、頭痛・動悸が出たりするなどです。これらの副作用はバイアグラの場合、服用したほとんどの人に出ますし、それほど恐がる必要はありません。通常、バイアグラの効果が切れれば、次第に副作用も落ち着くようになります。