シアリスとはどのようなものでしょうか?
ここでは、シアリスの効能と副作用についてご紹介しましょう。
シアリスは、ED治療薬で、バイアグラとレビトラの後に生まれたもです。
タダラフィルがシアリスの一般名です。
ED治療薬のシアリスは、効果がバイアグラとレビトラよりもあるので、一番利用しやすいということで世界中で使われ、世界でトップのED治療薬になっています。
では、シアリスはどのような効能があるのでしょうか?
食事の影響をバイアグラとレビトラは受けるので、飲むのは空腹時になっています。
しかし、食事の影響をシアリスは受けにくいそうで、食事が800キロカロリーまでであれば効果が十分あります。
個人によって効果が出てくるまでの時間は非常に違っており、30分から4時間になっています。
平均的に効果が1時間ほどで現れますが、早めに飲む方がいいでしょう。
持続する時間は、バイアグラやレビトラよりも非常に長く、24時間から36時間であるため、早めに飲んでも心配ないでしょう。
持続する時間は、飲む量と体質で違ってきますが、持続する時間が36時間であれば、金曜日の夜に飲むと日曜日の正午くらいまで効果があるようになります。
このとから、シアリスはウィークエンドピルとも言われており、効果が無くなる心配が少なく、飲むタイミングを考える必要もあまりないでしょう。
そのため、充実したストレスのない週末を過ごすことができるでしょう。
では、シアリスの副作用はどうなのでしょうか?
シアリスは、飲んだ3割くらいの人に副作用が現れるくらいであるため、ほとんど心配ないと思っていいでしょう。
シアリスは、別のED治療薬に比較すると、長い持続時間であり、緩やかに作用するため副作用が割合少ないのがメリットです。
よく現れる副作用としては、鼻詰まりや頭痛、発疹、胃のもたれなどがあります。
この副作用は、飲むと必ず起きるということではあります。
万一、気がかりな症状が現れて調子が悪くなった場合は、医師にすぐに相談しましょう。

ジェネリックのED治療薬の効果比較についてご紹介しましょう。
ジェネリックのED治療薬を安心して飲むためには、医師の診察を初めて飲む場合に受けることが大切です。
特に、ニトログリセリンなどの飲み薬、貼り薬、舌下錠、吸入薬、スプレー、塗り薬の硝酸剤を使っている場合は、必ず医師の診察を受けましょう。
初めに医療機関で処方されたED治療薬で効果があれば、その後はジェネリックのED治療薬を通販で買いましょう。
ジェネリックのED治療薬は、先発薬のバイアグラなどの特徴と同じです。
ジェネリックのED治療薬のカマグラゴールドは、持続する時間は5時間から6時間で、即効性があります。
食事の影響をよく受けるため、飲むのは空腹時にしましょう。
空腹時は内容物が胃の中にないので、ED治療薬の吸収がよりいいためです。
日帰り旅行の場合にはおすすめです。
ジェネリックのED治療薬のサビトラは、持続する時間が5時間から10時間と少し長くなり、ほとんど食事の影響を受けません。
しかし、空腹時の方がもちろん効果があります。
1泊旅行の場合にはおすすめです。
ジェネリックのED治療薬のタダリスは、持続する時間が24時間から36時間と一番長く、食事の影響もあまり受けません。
ウイークエンドピルともタダリスは言われており、じわじわ効いてきて持続する時間が長いため、副作用も多くないそうです。
週末にゆっくりとパートナーと過ごしたい場合にはおすすめです。
ED治療薬を飲むと、お酒が好きな場合はリラックスするためつい飲み過ぎになりますが、ED薬を飲む場合は、普段よりお酒は少なめにする方がいいでしょう。
それぞれのED治療薬の効果に違いがあるため、使い分けがシュチュエーションによってできます。
それぞれのED治療薬の特徴を十分に把握したうえで、自分の都合に応じて使えば、パートナーとの時間がより充実したものになるでしょう。
なお、ジェネリックのED治療薬についてさらに詳細に把握したい場合には、ネットなどで確認してみましょう。