ジェネリックのED治療薬としては、大きく分類するとバイアグラ系、シアリス系、レビトラ系の3系統があります。
それぞれのED治療薬は、先発薬と効果は同じですが、非常に価格は安くなっています。
ジェネリックのED治療薬を製造したり販売したりしているのは、ほとんど部分をインドの製薬会社の大手が占めています。
インドの場合は、ヨーロッパやアメリカなどのように国内の法律による特許制度がありません。
インドなどのように、ヨーロッパやアメリカと特許制度が違っている国では、国内法において特許が認められていない、特許の適用から外れているED治療薬がジェネリックのED治療薬として大量に生産されています。
しかも、このようにインドで生産されたジェネリックのED治療薬は、安い価格であるため、貧しいアフリカなどの国では大量に使われています。
インドで生産されているジェネリックのED治療薬が安いのは、所得が低い場合でも買うことができるように、国の政策によって保護されているためです。
安全性についても、国の政策に保護されているため、薬事管理が生産現場も行われており、安全に生産されています。
ここでは、バイアグラのジェネリックのED治療薬についてご紹介しましょう。
カマグラゴールドは、バイアグラ系のジェネリックのED治療薬で、成分はシルデナフィルです。
ジェビトラ・サビトラ・バリフは、レビトラ系のジェネリックのED治療薬で、成分がバルデナフィルです。
タダシップ・エキシーラ・タダリスは、シアリス系のジェネリックのED治療薬で、成分はタダラフィルです。
このようなバイアグラのジェネリックのED治療薬正規品を買う場合には、問題は全くありません。
しかし、ネットショップなどで現在販売されているようなED治療薬の場合には、偽物が約6割もあるそうです。
そのため、ジェネリックのED治療薬を買う場合は、信頼できるような業者を選択することが最も大切です。
このような業者であれば、安いジェネリックのED治療薬を買っても安心です。

バイアグラは人によっては処方自体ができないケースがあります。最も重要なケースは硝酸薬を使用している場合です。硝酸薬はバイアグラの効果と同じく、血管を拡張させる効果を持っています。そのため、バイアグラも一緒に使ってしまうと、血管が過度に拡張されることになり、結果血圧が大きく下がります。血圧が大きく下がると、健康被害はもちろん、場合によっては生命の危険も出てきます。

硝酸薬を使用していることに気づかず、間違ってバイアグラと併用してしまうケースもあるので、バイアグラを使用する場合は事前に医療機関にかかった方が間違いがありません。医療機関では必ず問診で「現在服用中の薬があるかどうか」を確かめるので、薬を飲んでいた場合、バイアグラと併用して安全なものかどうかを明らかにすることができます。ただ問診は自己申告なので、必ず正直に答えるようにしましょう。嘘を言ってバイアグラを処方してもらうのはかなり危険です。

以上のようにバイアグラ自体が血圧を下げる効果を持っていることから、体質的に低血圧の人も処方できません。また低血圧だけでなく、高血圧の場合も処方を控えることがあります。そのため、高血圧の人はまず生活習慣を改善したり、治療を受けるなどして、正常値に戻していく必要があります。

他のバイアグラが処方できないケースには未成年であることがあげられます。というのも、未成年の人が服用して安全かどうかがよくわかっていないからです。ただし、結婚していてEDによる不妊で悩んでいる場合は例外的に処方されることがあります。

それから肝臓が悪い人にも処方できません。これは特にバイアグラに限らない話ですが、薬は肝臓で処理されるので、肝臓が正常にはたらかない人が服用するのは危険です。また性行為中は血圧が上がるので、心臓や血管が悪い人もバイアグラの処方は控えることになります。これはバイアグラが問題というよりも、性行為自体を避けた方がいいという理由からです。

バイアグラは世界中で取り扱われているED治療薬なので、海外から個人で輸入することもできます。特に現在は個人で利用できるインターネットショッピングが豊富にある分、より手軽に手に入れられるようになっています。しかし、海外から個人で輸入する場合、バイアグラの偽造品に気をつけなければなりません。

「偽造品なんてそうそうない」という先入観を持っている人は多いですが、バイアグラを含むED治療薬では偽造品が当たり前のように流通しています。そのため、まずは個人輸入とバイアグラの偽造品に関する情報を集めておくべきです。

インターネットにはバイアグラの偽造品への注意をよびかける情報がたくさんあります。偽造品の被害にあわないようにするためには特にそういった情報を参考にするのがいいでしょう。中には実際にインターネットショッピングで手に入れた偽造品と正規品を比べて検証している情報もあります。そうした情報で偽造品の傾向を知ることができれば、偽造品を避けやすくなるはずです。

バイアグラの偽造品は正規品と比べてさまざまな面で異なります。見た目はかなり似せていますが、よく見ると色や形、パッケージのデザインが異なります。そして見た目以上に重要なのが成分の違いです。バイアグラの有効成分はシルデナフィルといいますが、これがそもそも含まれていないケース、含まれていても十分な量ではないケース、精製が甘く不純物が多いケースなどが該当します。

以上のことから、偽造品を服用すると十分な勃起促進効果が得られなかったり、不純物による健康被害が出たりすることがあります。シルデナフィル自体も併用する薬によっては健康被害を及ぼすこともあるので、医療機関を通さない場合はそういった知識も身につけておかなければなりません。

最も安全なのは個人輸入ではなく、医療機関を通してバイアグラを入手する方法です。医療機関から処方されるバイアグラは確実に正規品ですし、併用不可の薬も教えてもらえます。

タダラフィルというのは、シアリスのジェネリック医薬品となっていて、シアリスよりも遥かに安く購入することが出来るということもありますが、シアリスと効果が変わらないということもメリットの一つになっています。

そして、最大の特徴としては効果が発揮されるまでの時間と、効果が発揮されてからの持続時間となっていて、効果が発揮されるまでの時間に関しては服用してから2~4時間ほど、効果の持続時間については36時間程度になっています。

効果の持続時間は他のED治療薬と比べても遥かに高くなっていますが、長時間に渡ってマイルドに効くということが特徴になっていますので、バイアグラやレビトラを使用した時に見られる赤ら顔や頭痛、眼の充血といった副作用が少ないことから、「軽度のEDに向いている」ということになっています。

イメージ的には、「勃起力が弱くなってきた気がする」というような状況でも服用することが出来るタイプのED治療薬になっていますので、気軽に使用することが出来るということになります。

マイルドな効果ということになっていますが、勃起薬の一種となっていますので、興奮状態にあると射精後でも勃起を保つことが可能になっています。

その他の特徴としては、食事影響を受けにくいタイプのED治療薬ということが挙げられます。

個人差があるとされていますが、他のED治療薬と比べてもマイルドになっていますので、軽く食事をしてからタダラフィルを服用してもしっかりと効果を実感できるのがポイントになっています。

ただし、油物や高カロリーな食事をしてからタダラフィルを服用した場合は効果が低くなってしまい、通常の状態と変わらないというケースも多いために、食事量というよりもカロリー量に気をつけて食事をしなければいけません。

より早く、より強い効果を求めているという場合は、空腹時に服用して、30分~1時間ぐらい経過してから食事をするようにすると、効果が出る前に食事を終えてセックスをすることが出来ますのでおすすめです。

タダラフィルの効果というのはシアリスと同じだとされています。

タダラフィルは、三大ED治療薬の一つとなっていて、バイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ・シアリス(タダラフィル)となっています。

タダラフィルの効果の特徴としては、服用してから効果が出るまでの時間が長くなっていて、勃起の持続時間については3種類のED治療薬の中でもダントツに長くなっていることが特徴的です。

バイアグラやレビトラが、服用してから30分~1時間ほどで効果を発揮するのに対して、シアリス(タダラフィル)は服用してから効果が発揮するまでに3~4時間ほど掛かるとされています。

そして、最も高い効果を出すためには空腹時に服用するのが最適だとされているのですが、バイアグラやレビトラと違って、食事後に摂取をしても効果の減少割合が少なくなっていることが特徴的です。

ただし、注意点としては満腹になってしまうとタダラフィルの効果も落ちてしまうということが挙げられます。

公式に発表している食事量の目安としては、おおよそ800キロカロリーくらいまでなら効果について支障がないとされていますので、軽食を食べるくらいなら問題がないということになります。

ただし、服用してから効果を発揮するまでに3~4時間ほどの空き時間がありますので、セックスをするタイミングを合わせなければならないという点もあります。

また、空腹時に服用した場合は効果が発揮されるまでの時間が短縮されるというデータもあり、その場合は1~2時間程度で効果が発揮されるということになります。

そして、効果の持続時間については、効果が発揮されてから36時間程度持続するということになっていますので、金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで効果が持続することから「ウィークエンドピル」という愛称でも呼ばれているED治療薬となっています。

タダラフィルは2013年に世界で最も売れているED治療薬として発表されたということもあり、日本だけではなく、多くの国で使用されているED治療薬です。